日本マラウイ協会とは

マラウイ協会

マラウイに日本のODAによる国際ボランティアである青年海外協力隊員が初めて派遣されたのが1971年、それから40年以上が過ぎ、マラウイへの累積派遣隊員は1500名を超えています。日本マラウイ協会は、そんな帰国隊員の OB/OG会を1983年に発展解消させて設立した、マラウイに係わる団体です。日本とマラウイ両国間の理解を深め、文化、スポーツ、経済、科学技術等の協力を通じ、相互の繁栄に寄与することを目的としています。

【連絡先】〒102-0082 東京都千代田区一番町23番地3 日本生命一番町ビル5階

      公益社団法人 青年海外協力協会 気付 

      電話: 042-510-9138

 

Malawi Society of Japan is a voluntary organization established in 1983

in Japan with the aim of promoting mutual understanding between

people of Japan and Republic of Malawi through cooperation in such

fields as culture, sports, economy, science and technology, thus

contributing to the mutual prosperity.

ニュース

一覧はこちら

フォトギャラリー

マラウイ協会の想い

マラウイ協会の想い1

マラウイ協会の想い2

1971年8月、青年海外協力隊マラウイ国派遣第1次隊員7名が初めて同国の土を踏みました。そして1973年以降、活動を満了した帰国隊員らがマラウイの友として互いの親睦を図っていくことを目的として1974年にマラウイOB 会「ムリブワンジ会」を設立しました。

年々、帰国隊員数が増加するのに伴い、ムリブワンジ会の活動がより両国間の理解を深めるもの、繁栄に寄与するものにしたいとの機運が高まり、1981年12月、今後のOB会活動方針について討議の結果、活動案の一つとして「日本マラウイ協会」設立が挙げられました。1982年9月、OB有志による設立計画が具体化し、ムリブワンジ会実行委員会が「準備会議」の活動支援を決定しました。そして1983年2月26日、より広い視野に立った協力支援などを目指して「日本マラウイ協会」が設立されました。ムリブワンジ会は活動を当協会に引き継ぎ発展的に解散しました。同国への青年海外協力隊員初派遣から11年余り、活動し帰国した若者は男女合わせて約350名に達していました。

集うメンバーには、自らが青春の2年間を共に過ごしたマラウイの人達に引き続き少しでも役立つことをしてあげたい、日本では知る人が殆どいないマラウイをPRしたい、マラウイとの友好親善に尽くしたい、当時まだ日本にはなかったマラウイ大使館に代わる役割を果たしたい・・・。そうした想いが根底にありました。今も、その基本的な想いに変わりはありません。

近年は活動の成果もあり、マラウイのことが徐々に知られるようになりました。多方面から当会の活動にご賛同をいただき、青年海外協力隊OB/OG以外の会員のかたも増えてきています。

ここに、当会の設立目的と設立趣意書を掲げます。

 ■ 設立目的

日本とマラウイ両国間の理解を深め、文化、スポーツ、経済、科学技術等の協力を通じ、相互の繁栄に寄与すること。
 
■ 日本マラウイ協会 設立趣意書

戦後37年間、国土荒廃から復興した新生「日本」の経済発展は国際化の波のなかでなしとげられました。

今日では世界経済が相互依存を一段と強め、広範な分野にわたって国際関係がますます緊密、拡大化しています。そして又、活動の分野は量の面だけにとどまらず、一方では質の向上を要求してきています。

我が国としては欧米先進国との関係調整に限らず、発展途上国との相互関係の強化拡充に積極的に対応しつつ、安定した世界平和を目指さなければなりません。

このような時代の要請として最重要課題のひとつは人心交流であり、そこから生まれる相互理解が文化風俗、習慣等の異なる諸国との間に真の友好への礎を築けるのです。

私達が「日本マラウイ協会」を結成した所以もここにあります。

まさに21世紀という新しい歴史の流れを目前にし、地球を単位とする人類の共存共栄を基調とする世界平和の為、本会の重要さも日々増していくものと信じます。

尚、本会に集う若き世代はボランティア精神に則り、青年海外協力隊員としてマラウイ国の全地域に技術移転の担い手となり、日本では得られない体験を積んできた人々が中心です。 各界の好意ある御協力と御支援を願う次第です。

昭和58年2月26日
                                          日本マラウイ協会