マラウイについて


正式名  マラウイ共和国
             (Republic of Malawi、旧英国領ニヤサランドNyasaland)

愛称    The Warm Heart of Africa
 
国歌   「おお、神よ、マラウイに祝福を」
             (チェワ語:Mulungu dalitsa Malawi/英語:God Bless Malawi)  

マラウイの地理

地図

時差 日本より-7時間
人口 約 1,636万人(2013年 世界銀行)。
人口密度は、陸地1平方キロメートル 当たり約173人。
人種 バンツー(Bantu)系アフリカ人がほとんどで、チェワ(Chewa)、ロンウェ(Lomwe)、ンゴニ(Ngoni)、トゥンブカ(Tumbuka)、コンデ(Nkhonde)、トンガ(Tonga)、ヤオ(Yao)、セナ(Sena)が主な部族。
面積 約118,484平方キロメートル(陸地:94,276平方キロメートル、湖:24,208平方キロメートル、日本の約1/3:ほぼ、北海道と九州を合わせた面積に等しい)。うち、マラウイ湖が 1/5(瀬戸内海に匹敵する)程を占める。
地形 アフリカ大陸の赤道より南に位置し、
タンザニア、ザンビア、モザンビークの
3国に囲まれる南北に細長い内陸国。
気候 熱帯サバンナ気候に属する。降水量が比較的に多く、緑豊かである。一般にアフリカと言うと厳しい暑さや高い湿度といった過酷な気象条件がイメージされるが、マラウイのほとんどは標高 1,000m前後にあり、雨(夏)季:11~3月頃で20~30℃、乾(冬)季:5~8月頃で10~20℃で湿度も 低くしのぎやすい。ただし、国土全体では標高が36~3,048mにも及んでいるので、低地部と山間部では気候は著しく異なる。

マラウイの社会

都市 中部のリロングウェ市(Lilongwe City、 人口約43.6万人)が首都。商工業の中心地は南部のブランタイア市(Blantyre City) 。この他、北部にはムズズ市(Mzuzu City)が、南部には旧首都ゾンバ行政区(Zomba Municipality)がある。なお、マラウイは大きくは、北部(Northern Region)、中部(Central Region)、南部(Southern Region)の3つに、細かくは24の州 (District、北部:5、中部:9、南部:10州) に区分され治められている。
政治 政体は、大統領を元首とする共和制(1966年7月6日共和国となる)、一院制。 1993年6月までは終身大統領バンダ(Kamuzu Banda)氏が率いる議会党のみの一党制であったが、終身大統領制は廃止され、複数政党制となった。また、1964年7月6日の独立以来政権のトップの 座にあったバンダ氏は、1994年5月マラウイ初の大統領選挙の結果、この座を退り、ムルジ (Bakili Muluzi)氏 が新大統領(任期5年)となった。また、1999年6月の第2回大統領選挙でムルジ氏 が再選された。2004年5月、第3回大統領選挙が行われ、ビング・ワ・ムタリカ氏が当選した。2009年5月、第4回大統領選挙が行われ、ビング・ワ・ ムタリカ氏が再選された。2012年4月にムタリカ大統領が病死し、憲法の規定によりジョイス・バンダ副大統領が大統領に就任した。2014年5月、第5回大統領選挙が行われ、ピーター・ムタリカ氏が当選した。
経済 農業が主産業でタバコ、紅茶、コーヒー、綿、砂糖が主な輸出品。近隣国のような鉱物資源の産出はない。
言語 英語が公用語、チェワ語(Chichewa)が国語となっている。その他に、地 域によって、トンガ、ヤオ、トゥンブカ語などの部族語も使われている。旧英国領であることもあり、都市部、主要町村ではだいたい英語が通じる。
宗教 キリスト教 75%、イスラム教 20%、伝統的宗教 5%。
通貨

1クワチャ(Kwacha)= 100タンバラ(Tambala)= 約0.25円 (2014年7月現在)

1米ドル = 約386 クワチャ (2014年7月現在)

時間 日本時間より7時間遅れ。夏時間は採用されていない。
国民1人当たりのGNI 270米ドル(2013年:世界銀行)

日常生活

食べ物

食べ物
主食はトウモロコシの粉をお湯で練って餅状にした「シマ」。副食は野菜、豆類、小魚などを煮たものが多い

飲み物

飲み物
アルコール類では「チブク」と呼ばれるトウモロコシの発酵酒がある。普通のビール、コーラ、ファンタもある。

スポーツ

スポーツ
最も人気のあるのはサッカー。バレーボール、テニスも人気がある。旅行者向けとしてはゴルフ、ウォータースポーツ等がある。

マスコミ

マスコミ
ラジオ・テレビ
マラウイ放送協会(MBC)
新 聞
Nation、Daily Times
など多数

ムランジェ山

マラウイ湖畔

国立公園
マラウイ湖国立公園、ニイカ国立公園、カスング国立公園、リウォンデ国立公園、レングウェ国立公園

登 山
ムランジェ山(最高峰 2,998m)、ゾンバ台地

略史

紀元前8000年頃 少なくとも、この頃から現マラウイの地に前バンツー系の狩猟民族が住んでいたとされる。
紀元4世紀 バンツー系アフリカ人が大陸東海岸に到着する。
  8世紀 アラブの貿易船が大陸東海岸に到着する。
  9世紀 バンツー系アフリカ人がザンベジ川を横断する。
1150年 アラブ奴隷商人がザンベジ水路を発見する。
1300年頃 バンツー系アフリカ人がマラウイ湖へ到着し、同バンツー系民族が16世紀頃までにマラヴィ(Malavi:炎) と呼ばれる国を築く。
1505年 ポルトガル人が到着し、ポルトガルとの交易が始まる。
1859年 英国探険家・リビングストンがマラウイ湖へ到着する。
1863年 アラブ奴隷商人がマラウイ湖へ到着し、マラヴィで奴隷が売買されるようになる。
1891年 英国の保護領となる。
1893年 英国・中央アフリカ保護領と改名される。
1917年 ニヤサランド・英国保護領と改名される。
1953年 ローデシア・ニヤサランド連邦となる。
1963年 同連邦解体され、初代ニヤサランド首相にバンダ氏が就任する。
1964年7月6日 国会議員総選挙の結果、バンダ首相率いるマラウイ議会党が全議席を獲得し、マラウイ共和国として独立する。
1966年7月6日 共和制に移行し、バンダ氏が大統領に就任する。
1967年 南アフリカ共和国と外交関係を樹立する。
1971年7月 バンダ氏が終身大統領に就任する。
1971年8月 日本から青年海外協力隊の派遣が開始される。
1978年 国会議員総選挙が行われる。
1983年6月 国会議員総選挙が行われる。
1987年5月 国会議員総選挙が行われる。
1992年2月6日 駐日マラウイ大使館が東京に開設される。
1993年6月14日 国民投票の結果、複数政党への移行が決定される。
1993年11月17日 国会で終身大統領制の廃止が決議される。
1994年5月17日 複数政党制下での初の国会議員総選挙および大統領選挙が行われ、統一民主戦線党首のムルジ氏が新大統領となる。
1999年6月15日 複数政党制下での2回目の国会議員総選挙および大統領選挙が行われ、ムルジ氏が大統領として再選される。
2004年5月20日 複数政党制下での3回目の国会議員総選挙および大統領選挙が行われ、ビング・ワ・ムタリカ氏が大統領として選ばれる。
2009年5月19日 複数政党制下での4回目の国会議員総選挙および大統領選挙が行われ、ビング・ワ・ムタリカ氏が大統領として再選される。
2012年4月5日 ビング・ワ・ムタリカ大統領が心臓発作のため執務中に死亡
2012年4月7日 憲法の規定により、ジョイス・バンダ・副大統領が大統領に就任
2014年5月30日

5回目の大統領選挙で、ピーター・ムタリカ氏が当選する。